HOME>ホットトピックス>足をつかなくても進み続けられる特殊な構造

形状が特徴的なスケートボード

スケボー

リップスティックはアメリカで生まれたスケートボードの一種で、オーソドックスなスケートボードとは形状が違います。まず本体が前後で別のパーツで分かれ、その間をパイプ状の部品が繋ぐ形となっています。また、車輪が前後にひとつずつ、全部でふたつしかないのも大きな特徴です。そして、スケートボードは足で走った後でその勢いを利用したり、高所から坂を滑り下りたりすることで進みます。それに対してリップスティックは基本的に乗ったままで、足を巧みに動かしながら進んでいきます。その使用方法さえ覚えれば、大人はもちろんのこと、子どもでも使用可能です。

形状を上手に駆使して進む

リップスティックの車輪は完全に固定されているわけではなく、キャスターのように根元で左右に動くようになっています。そして本体は中心のパイプを軸にねじれるようになっていて、ねじった際には後ろ側の車輪もそれに合わせて移動します。そうすると後ろ側の車輪が固定される形となり、地面の間で力が発生するため、その力を使って前に進むという仕組みです。この仕組みを上手に使用して、左右にねじれを繰り返していくと、何度も力を発生させることができるので、地面に足をつかなくても進み続けられるわけです。

広告募集中